古墳時代のよろいを着た人の調査するための準備

古墳時代のよろいを着た人の調査するための準備が作業が始まったようで、内部がどのような状態なのかエックス線等を利用して調べるということでこの先どのような情報が発表されるのか注目されています。

このよろい着た人はかなり注目されている男性の骨で群馬県渋川市で発掘されたものののですが、鉄製のよろいを着た状態の男性の骨が火山灰の中に埋まった状態の良い形で発見された今までにあまり例のない貴重なものとなっています。

これまでは渋川市内の施設で保管されており、衝撃で崩壊しないようにウレタンで保護した上で調査の場所に移動してそのあとにエックス線等を利用した調査が始められる予定となっています。

専門家の方も今まであまり見たことないような貴重な学術的なデータということで、どのような新しい発見やその当時の生活環境が詳しく調べられるのでしょうが、今まで誰も想像できなかったような発表がされるかもしれませんね。